活動方針

 PTAは保護者と教職員が協同し、子ども達一人ひとりを中心に据え、その心に寄り添い、健全な成長と幸せを願い活動する社会教育関係団体である。本協議会はその理念のもと、各単位PTAや各校としっかりと連携を取りながら、時代や社会環境・学習環境の変化に対応できるよう、家庭と学校・地域がそれぞれの役割を果たし、時代の変化に即応した子どものより良い成長に努めなければならない。

 ここ2年間は、新型コロナウイルスの影響で、各単位PTAでもこれまでの活動から内容や方法を創意工夫して、新たな形でのPTAへと動き出してきている。

 この流れをさらに進めながらPTAをもう一度見直し、継続していくことと変えていくことを見極めながら、児童生徒、保護者、学校、地域に合ったPTA活動の実践に結び付けていくことが重要である。

 そのために、学習し実践するPTAという原点に立ち、子ども達の指標となる保護者・教職員の資質向上を図る活動を行い、学校や地域の発展をサポートすることで、一人ひとりの子どもがたくましく生き抜く力を身につけ、心豊かで思いやりのある人として成長することを目指したい。

1.活動の基本姿勢

  • PTAの趣旨や目的に向かって組織の活性化を図り、PTA会員としての資質向上に努める。
  • 会員の相互理解と協調・信頼をもとに、家庭・学校・地域が連携して子ども達の健全育成を図る。
  • 時代に沿った情報の収集や伝達に努め、新しい時代のPTAの在り方を目指す。

2.具体的な実践内容

  • 子どもと共に成長・進化することを目指し、子ども参加型の活動を展開する。
  • 研究大会や各種事業をとおして、PTAが係わる様々な情報の発信を行う。
  • 単位PTA会長を対象とした研修会を充実し、PTA活動に関する課題の解決力を高める。
  • ブロック代表者会を核としたブロックでの活動を通して、研修や交流に努め、単位PTA活動の活性化を図る。
  • 協議会のホームページを随時更新し、情報発信と情報共有に努める。
  • 保護者や教職員、宮崎市や他団体との連携を深め、課題把握と協議を行い、必要に応じて関係機関に要望を伝える。

3.課 題

  • いじめや誹謗中傷等への対応を推進し、子ども達の安全・安心な教育環境づくりに努める。
  • 子どもたちのソーシャルメディアの利用は、「保護者の責任」である。その利用に関し保護者・学校・関係機関が連携し、デジタル・シティズンシップ教育を推進する。
  • 働き方改革を踏まえ、家庭と学校の役割を再認識するとともに、それぞれの果たすべき役割を理解し、より良い教育環境づくりに努める。
  • 実践した活動は常に検証し、次に生かす体制づくりをする。

組織体制

下記リンクより必要データをダウンロードできます。